普賢岳と大野木場小学校PART2 -Later volcanic activity(2)-

先日ジャンクから引っ張ってきたKONICA C35 Flashmaticなんですが、
フィルム室のモルト張りを休みの間に終わらせました。
いろいろあったんで、連休の遠方探索はキャンセルしまして、
ほとんど家に居ましたね。ちょっと残念。
このカメラ、コンパクトなボデーのクセに、二重像合致式のレンジファインダー機です。
とりあえずフィルム入れて試し撮り中だったりします。
MF機で、トリガーでフィルムを巻き上げるあたり、写真撮ってんなぁ~って感じですね(笑
最近のカメラはチョー便利ですが、少々めんどくさいカメラもたまにはいいものですよ。

話がそれていますが、本日も山(普賢岳)。

島原まゆやまロード(だったかな?)を越えて水無川方面へと進む途中にて。
もう山はいいだろって感じかと思いますが(笑
まーせっかく撮ってきたんでもう少しね。

この角度から見ると溶岩の下ったあとは、少しづつですが植物が再生してきています。
この熔岩流の麓には、火砕流で消失した大野木場小学校があります。

大野木場小学校へと到着。
消失したとはいえ、鉄筋コンクリート造の校舎、外観はちゃんと残っています。
小学校からは普賢岳がよく見えます。天気もよかったんで、山頂までくっきりですね。

次回は校舎周辺をお送りします。

広告

普賢岳と大野木場小学校PART2 -Later volcanic activity(2)-」への4件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中