崎戸廃景(4) -Ruins of SAKITO COLE MINE(4)-

-Climb trees-

寒い日が続いています。年明けからほとんど天気が悪いです。
来週も週間天気は思わしくない感じですね。。

崎戸炭鉱、二坑跡への侵入から1時間ほど経過した頃、僕は木に登ってました。
昨年は川南造船所、向山炭坑跡、片島魚雷発射試験場、
それぞれの場所で必ずと言っていいほど木に登っていますね(笑
何気に高い所へ登るのが好きなのかもしれません。
しかしお昼頃から風が強くなり、木々は大きく揺れていました。

そして木の傍らにある煉瓦の建造物、これが今回発見した物件になります。

コンクリートと煉瓦からなるその建物は上部から見るとL字型をしています。
全体が木に囲まれているため、角度を変えないと見えないようなところに建っていました。

存在感ある煉瓦の壁には、何かが付いていた形跡が。
この丸い物の配列は、どこかでも見たことがあります。

壁に纏わり付く蔦に護られる様に、その煉瓦建造物はほぼ完全な形で残っていました。
古代遺跡でも発見したかの様な感動ですね。

森の中で自分一人、「おぁー」とか「うあー」とか「すげーぇ」とかぶつぶつ言いながら、
とりあえず建物の周囲をぐるっとまわりました。
それにしてもこの煉瓦と蔦のコラボはもう芸術ですね。
人が造った美と自然の力が作り出す装飾、もう最高に大好物です(笑

かなり感動を味わった後、いよいよ中へ入ってみます。
この建物の正体は・・・先ほどの壁に残る丸いものを見て、ある程度はわかりますが、
中に散らばっているものを見て、それをほぼ確信しました。

この建造物の中へと次回は歩を進めます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中