旧長崎英国領事館 -Former British Consulate-

旧長崎英国領事館は、1908年、地元長崎は大浦の後藤亀太郎氏が施工。
設計は英国技師のウィリアム・コーワン氏による。
現在は建物の老朽化により、内部の公開はされていません。

この付近は大きなマンションやホテルが建っていて、
なかなか離れて撮影するのは困難な場所になっています。

こちらはオランダ坂方面から。
本通りから裏手にまわった場所になります。
赤い木壁が印象的な2階建て木造の建物は、職員住宅だそうです。
煉瓦造りと木造二階建ての建物は周囲を煉瓦塀で囲まれています。
平成二年に国重要文化財に指定されている建造物です。

おまけ。

はっきり言ってろくな写真が撮れてませんでしたので|∀・)・・・・・
アンダー過ぎて使えない写真をトイカメラ風に加工して遊んでみました。
フィルム写真は失敗が特に多い自分です。。

というわけで、今回は全部フィルムでまとめてみました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中