大分:志高ユートピア(1) [テーマパーク廃墟] 休園中?

大分県、既に全国的に有名なテーマパーク廃墟、「志高ユートピア」へ訪れたのは昨年春。
「幻想遊園地」という本にも登場しているようですが、僕はそれをまだ見たことありません。
そもそも写真雑誌やカメラ関係の本や廃墟関係の本すらも1冊として家にはありません。
廃墟ファンとしては1冊ぐらい持ってたほうがいいのかな。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yousuke666-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=4903946487

志高ユートピアは1968年開園され、広大な土地にホテルや様々なアトラクション、
レーシングカート場まで備えた本格的な遊園地として人気だったといいます。
場所的にはかなりの高地にあり、冬などはかなり極寒なんじゃないかと思われますね。

志高ユートピア営業中は現在も営業している「ラクテンチ」とロープウェイで繋がっていたそうです。
2003年には休園になり、現在に至っていますが、
内部の荒れ具合から見ると、再開はなさそうです。

ウィキペディアにも掲載されており、「侵入はあくまでも自己責任で」なんてことまで書いてあり、
まるで侵入を容認しているようですね。

さらにホームページも今だ公開されたままです。
ラクテンチのホームページがフラッシュで綺麗に作られているのに比べると、
パンフレットの一部を画像として貼り付けてるような、おそまつなHPですが。。

そんなわけでやってきました、正面入り口。
別府 志高ユートピ 入園は無料。しだかユートピア、とも書かれています。
正式名称はどっちなんだ?という感じ。なかなか素敵です。

園の事務所だと思われる部屋は、窓ガラスも割れ、ドアも開きっぱなし。

スゴイ荒れようの事務所内部。
あくまでも休園扱いのテーマパークは、将来再開される時が来るんでしょうか。

正面ゲートに併設されている売店かと思います。
ここもかなり荒れています。

食堂のようなスペースのようです。

ゲートをあとにして園内を散策します。
ホームページに記されている、コースターなどは既に取り壊されているようですが、
今だ現存するアトラクションスペースへと歩を進めましょう。
しかしココに到着したのは午後4時頃、あんまり時間の余裕はありませんでした。。
かなりペースをあげての探索になります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中