大分:志高ユートピア(6) [テーマパーク廃墟] レーシングカート場篇(1)

園内の片隅にあった潰れた倉庫には、カートの残骸がありました。
本日はカート場へと足を運びます。

雑草が生えまくっているカートコース。
遊園地にあるようなゴーカートとは違い、かなり本格的なコース。
ここはヘアピンコーナーってとこでしょうか。なんだか鈴鹿っぽいです。

カートコースは園の正面ゲートのすぐとなり。
その先にはホテルが見えますね。

「レーシングカート場」とかっちょいい文字で書かれたピット。
整備もここでなされていたようです。

受付兼事務所でしょうか。
黒電話の置かれた受付はいい雰囲気を醸しています。
壁にポスターの貼られた事務所も、いかにもな感じです。

部屋の片隅に、今は亡きアイルトン・セナのポスターがたくさん。
レーシング・ドライバーを目指す者なら誰もがあこがれる存在。
ポスターは色あせても、セナの存在が色あせることはない。

広告

大分:志高ユートピア(6) [テーマパーク廃墟] レーシングカート場篇(1)」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中