崎戸町:旧日本海軍・聴音所(1) [戦争遺跡]

炭鉱として有名な崎戸町ですが、
「ホテル咲き都」の敷地内には戦時中の遺構が保存されて残っています。

ホテルから歩いて断崖の方へ行きますと展望台がありまして、
そこからは崖下を見ることが出来るんですが、ココがまたすごい高いんですよね|∀・)・・・・・
落ちたら絶対に生きてはおられんだろうという絶壁であります。

その展望台のすぐ横にある、この物体、これがその旧海軍の聴音所になります。
と言われてもデカイ木にしか見えませんよね。。

展望台から角度を変えて見てみると、窓らしきものが見えますね。

物凄い蔦に覆われた2階建ての建造物。
もともとココは草薮に隠れていたためこんなことになっているようです。
展望台設置と共に周りが整備され、貴重な戦争遺跡を保存したようですね。

中がヒジョーに気になる。

展望台との位置関係はこのような感じです。
施設手前には案内板もあります。
昭和13年から7年間、海底のスクリュー音をキャッチするために存在した建物、とあります。
要するに潜水艦の音を監視するための施設なんですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中