豊後森機関庫(2 [大分県玖珠町の宝] ちょうど1年目の再訪

以前もう一回行きたいななんてブログで書いておきながら、大分遠い、しんどい・・・|∀・)・・・・・
と、出不精になっていたわけですが、今回ちょっと行ってこようと思った日は、
前回訪問時から計ったようにちょうど1年後でした。わざとじゃありませんよ、後で気付いたんで。

毎度大分では見に行きたいとこたくさんあるんですけど、
常にスロースタートの日帰りなんで、結局大してまわれませんね。。。
大分と一言で言っても広いから。

京都にある「梅小路蒸気機関車館」はこの機関庫、転車台とほぼ同型のものがあり、
産業文化財として保存され、しかも現役の機関庫として今も稼動しています。凄いですね。
鉄道ファンってわけじゃないけど、機会があれば見に行きたいです。

前回訪問時にも桜が咲いていました。これは、ハナソメイかな。

傍らには菜の花も。

相変わらずこの扇状の機関庫は存在感ありますね。
廃墟としてでなく、機関庫内に並ぶ蒸気機関車を目の当たりにすれば、相当に圧巻だったと思います。

確か交通公園として整備するような話があったと思いますが、
見たところ1年前と何も変わってないようです。

「自分を大切に」
これが前から気になってしょうがない。何でココにこれを書いたのかが。

丸い柱が並ぶ庫内は、ギリシャの神殿を思わせるような光景です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中