大分:尾平鉱山選鉱所(5 [Traces of wooden buildings] 木造建屋の痕跡

遠景の山の様子でこの辺の高さがわかるでしょうか。
木片が散乱していることから、木造建屋があったんではないかと思いますが、
何が何のための施設だったのかまではまったくわかりません。

等幅で並ぶ角材は床部分かもしれません。

地面から突き出た柱のようなものが無数にあります(左
地面には獣の足跡がたくさん。(右
鹿の足跡ではないようですけど・・・野犬かな?

写真右側にちらっと最下が見えています。
かなり見晴らしはよかったですね。天気が良けりゃ、最高なんですけど。

一応カメラを水平に保って撮ってます。
急斜面の様子がわかるかと思いますが、これを一直線に登っていくのは(;´∀`)・・・
(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ なっちゃいますよ。。

これは何でしょう?コンベアの脚かな。

せっかくなんで近寄ってみます。
しかし、付近は足元が不安定なので、降りた場所から左の写真の奥へ向かい、
反対側のインクラインからまた登りなおします。
下が土よりもコンクリートの斜面の方がいくらか登りやすいし、
木が多いのでつかまる場所がたくさんありますからね。

というわけで、奥に見えるコンクリートのインクラインから、頂上を目指しましょう。
そろそろちょっと違う景色が見えてきます。

まだまだ続きますよー

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中