旧長崎刑務所(3 [明治五大監獄:長崎] 事務所棟解体(2

事務所棟のあった場所には煉瓦の瓦礫。
せっかくなんでこの時に撮った写真をもう少し。

2007年の旧長崎刑務所解体後、そのあまりの無残な姿にびっくりしました。

そもそも跡地は今後どうなっていくんでしょうか?
解体から3年経っても未だ雑草が生えまくった、ただの空き地のままです。

それに加えて事務所棟の解体。
一体どうして再度解体されることになったのか、経緯が知りたいところです。

そういえば、オランダ村跡は現在西彼総合支所が入っています。
今までの支所の老朽化により、オランダ村の施設の一部に支所を移転しようという流れだったようです。
しかしオランダ村の施設はシロアリ被害によりかなり傷みが激しく、
施設の改修が必要で、その予算は1億数千万円。
 
現在既に支所として稼動中ですが、地元住民からは「場所が遠くなって気軽に行けなくなった」
などの不満も出ているようですね。
以前の支所を改修したほうが費用も安く済んだんじゃないだろうか?そんな気がします。
 
3年経っても跡地利用の目処が立たない諫早、旧長崎刑務所跡。
何のためにわざわざ総合支所を移動したのかわからないオランダ村跡。
 
何か金の使い方間違ってる気がするぞ長崎、って感じですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中