波佐見金山火力発電所 [煉瓦造りの発電所跡]

昨年9月頃に記事にした波佐見金山の火力発電所と思われる廃墟。
前回訪問は昨年の6月だったんですが、ちょっと行ってみようと思ったのはちょうど1年後でした。

しかし・・

その場所は隣にあった廃屋と共に解体され、更地になってしまっていました。
あまりWEBサイトで写真をあげられておらず、
自分が見た限りでは産業考古学研究室というサイトで1枚しか見たことがなく、
実際自分もその写真1枚だけを頼りに探しに行った物件でした。

跡地は草で覆われ、解体からしばらく経っている様子。
よく見ると煉瓦が少しだけ積み上げられて残されており、それだけが発電所の名残となってしまいました。

とっても残念。

1年ぶり再訪と書きましたが、今年1月頃に付近を通りかかっています。
その時は確かまだあったはずなので、解体はそれ以降ということになりますかね。

解体を惜しんで1年前の写真をもう一度公開です。

佐賀県、大町町にある杵島炭鉱変電所跡は町の人たちの努力により保存されましたが、
こちらは残念ながら解体。
煉瓦の発電所は景観的にも美しく、建物としても貴重だと思うんですが。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中