長崎ランタンフェスティバル2010 [2010/02]

今頃?な感じでランタンの写真持ってくるという、あまりにも時期はずれアバウトなブログです。
というか、今年のランタンは夜出掛けられなかったんで、アップするの忘れてたのでした。。

今更な感じで読み流してくださいね。。

タケさんのブログで紹介された出島アパートのあちら側が、ランタンのメイン会場、湊公園です。
いつもは付近のお年寄りが集まって囲碁や将棋を楽しんでいる光景が見られる公園も、
この時期だけは中国の鮮やかな色彩に染められます。

長崎新地中華街の南側の中華門。とにかく人手が多くて大変なんです。
人ごみが物凄く苦手、ましてや街中で写真撮るのもちょっと苦手。
だから自分の写真で、街角の写真が少ないのもわかるかと思います。

どうしても人を撮りたくないので上向き写真ばっかです(笑

湊公園、会場入り口に掲げられてる龍と虎のランタン。
中国の正月はとても華やかです。

会場内は続きからどうぞ。
ちょっとグロい感じの写真もあるので閲覧注意です!



湊公園の中華門の中にはランタンの派手な中華門も設置。
やっぱー夜の方が綺麗なんですけどねー。

無数のランタンの下にあるのは三蔵法師と孫悟空、「西遊記」の大型ランタン。

たくさんの供物で飾られた祭壇は、「食に困らないように」との願いからです。
子豚の丸焼きやたくさんの豚の頭も並べてありますが・・・

ちょっとこの光景は苦手な人には厳しいかも・・・

豚の頭部に刺された尻尾の意味するものは?
大人の豚を丸一頭飾ると場所をとるので、頭と尻尾のみ祭壇に飾った、など言われますが、よくわかりません。
しかし額に刺さなくてもいいんじゃないかと思いますけど。。

ちょっと写真左側の豚が怪しげな笑顔に見えるのは(゚Д゚;∬アワワ・・・

広告

長崎ランタンフェスティバル2010 [2010/02]」への2件のフィードバック

  1. ( ゚▽゚)/コンバンハグロ目の写真と言えば、、、と思ったら、やっぱし豚さんでしたw なんか、笑っているように見えるんですが、長崎在住のおばちゃんは、あの豚さんを見て以来ランタンを見に行けなくなったとか、、、んー、ちょっと愛嬌あるようにも見えるんだけどなぁ、、、わたしがおかしいのか???

  2. さえちゃさん>やっぱ豚さんです(笑ランタンよりこっちに注目してしまったという。見にいけなくなるほど、という程でもないと思うけど。。白目でにやりと笑った感じは無理な人には無理なのかも知れません。自分は子豚の丸焼きが美味そう!と思ってしまいました(笑

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中