長崎市:高島町(3 [高島炭坑二子坑跡]

高島の炭鉱遺構はそのほとんどが撤去されており、今では炭鉱跡はほぼ更地と化しています。
そもそも高島は、高島、上二子島、下二子島の3島でしたが、
埋め立てにより陸続きになったとあります。

高島に来たのは実に20年ぶり。
以前は高島に住んでいる親戚のお見舞いで訪れた記憶があります。
その頃にも確か高島の風景写真を撮ったと思いますが、
フィルムや写真が実家のどこかにあるんではないかと思います。

更地の真ん中にフェンスで囲われた一帯があります。
そこは二子坑関連の施設の一部かと思われますが、詳しく調べていないので何かはわかりません。

地下へと続く階段があるので下りてみます。
内部は続きからどうぞ。

内部の様子は写真のとおり。
何か坑道を思わせるようなトンネルが数本並んでいました。

トンネル内は瓦礫で埋まっています。

赤く錆びた配管類が存在感ありますね。

高島炭鉱は1986年の閉山。
以前訪問時の20年前はまだ縦坑櫓やボタ山があったのかもしれませんが、
その時ははっきり言ってそういったものに興味が湧きませんでしたから(笑
炭鉱施設の記憶はまったくといっていいほどありませんね。
今思えばちょっと残念です。

次回も内部写真の続きです。

広告

長崎市:高島町(3 [高島炭坑二子坑跡]」への2件のフィードバック

  1. tenrouさん>おぉΣ(゚Д゚ υ) びっくりした!誕生日だったそういえば(笑人に言われて思い出すという・・だんだんそれがどうでもいい日になってきますね(笑この歳も相変わらずだと思いますが(・∀・)/~~メッセージありがとうございます!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中