佐世保要塞:高後崎堡塁砲台跡(2

寿司を握ってみました!



なんてね。これ、「ポッピンクッキン たのしいおすしやさん」
という、自分で作れるお菓子だったりしますけど、マグロやイクラの質感が半端なくリアルだと思いませんか?
でも食べたらグレープ味なんですよね。

正直、一生懸命作りました(笑

そんなわけで、佐世保要塞の続きをどうぞ(関係ない前振り。。

高後崎砲台跡の様々な遺構ですが、砲台跡といえばやっぱりメインは「棲息掩蔽部」
と呼ばれる兵壕なんではないでしょうか。

ここには棲息掩蔽部が3つ確認できます。

一部崩壊しかけている掩蔽部の上部、御影石のプレートには着工と竣工の日付です。
そして非常に珍しい、木製と鉄板からなる扉付きです。
自分が見た中では初めての扉付きの掩蔽部。
どこの砲台でも、もともとは扉がついていたと思われますが、
こんなにしっかりと現存している例は見たことありません。

近くまで行ってみると、なんと木の窓枠もありました。

こちらは最奥にある2つ並んだ掩蔽部。
扉は崩壊しているものの、蝶番と扉の一部は残っています。
なかなか貴重な物件じゃないかと思いますね。

とりあえず中に入ってみるみたいな。
あまり居心地がいいとは言えませんね。。暗闇にゲジゲジとかいるかも知れないし。

入り口上部に掘られた「第一号」「第二号」の文字。
これが刻まれてる壕が兵壕で、刻まれていないのは弾薬庫みたいな役割なんじゃないでしょうか?
自分勝手な予想ですけどね。。

というわけで高後崎砲台跡はこれにて終了です。
次回の佐世保要塞は「前岳堡塁砲台」を紹介予定です。

広告

2件のコメント 追加

  1. ponichi より:

    ほんとだ、これはスゴイ扉が残ってる堡塁は初めて見ました手付かずの証拠ですねところで「ポッピンクッキン たのしいおすしやさん」を買うに至った経緯を聞いてみたいものですw

  2. YOSUKE より:

    ponichiさん>佐世保要塞の掩蔽部は付近住民が木材置き場とかに利用している例もあるようですが、ここは全く人の手が入ってないですね。あるとすればここら辺で弁当食べていった人のゴミくらいです。たのしいおすし屋さんは・・まぁ家庭の事情という感じですが(笑率先して作ってたのは多分、自分ですね。たのしいピザやさんもなかなか楽しかったですよw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中