2010年長崎精霊流し

昨日の長崎精霊(しょうろう)流しの様子です。
毎年県庁坂付近は人が多いので大体避けていますが、今年は写真を撮りたかったので、
とにかく近づいて撮れる場所を選んで行ってきました。
夕刻、大体6時半くらいの県庁坂はものすごい数の人でした。

精霊流しとは、初盆を迎える故人の御霊を船に乗せ、
西方浄土へ送る長崎の伝統行事として、全国的にも随分有名なんじゃないかと思います。
さだまさしさんの「精霊流し」という唄(映画にもなっています)で知る人も多いかと思いますが、
唄の雰囲気とはだいぶ違う光景にびっくりする方も多いんではないでしょうか。

今年は船が3543隻ということで、さだまさしさんのお父さんの船も出るとのことでした。
昔はかなり夜中まで船が送られていた記憶がありますが、
近年の精霊流しはおよそ21:30分頃までに終了するようです。
市内の一部区画は交通規制が敷かれ、県庁坂は通行止め、
船の最終着地、大波止まで車は通行できません。

大小様々な大きさの船が県庁坂を登っていきます。
この時間帯で既に車道は爆竹や花火の音や煙の匂いで戦場さながらです。
鳴らした爆竹や花火のカスや箱は車道に放置されます。
この日ばかりは道路にゴミ捨てていいような事になっちゃって、
(基本駄目だけど)それ以外のゴミも多数目立っていました。

通常大きな企業の偉い方の船は大型ですが、個人の船などは一般的な1連ですね。
今年は4連の船なんかもあったようでした。

ご覧の通り車の往来は結構多いです。
なにせ繁華街ですからね。

あたりが暗くなってくるといよいよ人通りも多くなり、
爆竹や花火が夜空を彩ります。祭りではないんですけど。

船の担ぎ手は花火や爆竹を辺りに飛ばして、故人の御霊を送ります。
これが長崎流の弔い。だからお墓でも花火します。

爆竹の大量に入ったダンボールを頭上に掲げ、いっぺんに鳴らす。
ものすごい火柱と轟音、そして上がる大きな煙。他所の方が見れば尋常でないお盆の光景ですかね。

車道のゴミはどうなる?
大丈夫、朝までにお掃除隊が綺麗に片付けてくれます。

毎年恒例の行事で、ほぼ毎年観にいっていますが、
昔はおくんちの川船のように船を回す光景をよくみかけましたが、現在は禁止されてるようです。
結構けが人が出たりしていましたからね。
故人を送る行事で怪我しちゃいけませんよね。

そして精霊流しが終わると、もう次は10月の長崎くんち、みたいな気分になります。
これが終わるともう秋なんだなーみたいなね。

以上、長崎の夏の風物詩、精霊流しの模様でした。

広告

2010年長崎精霊流し」への4件のフィードバック

  1. ヾ(´ω`=´ω`)ノ オハヨォゴザイマスずいぶん昔ですが、ちょうど精霊流しの時に長崎に行ったことがあって、自分の持っていたイメージとのギャップにビックリした記憶が ヾ(;ΦωΦAアセアセ電車の下で爆竹がはぜてる気がして、すごくドキドキしたのを覚えています。

  2. 今年は数年振りに精霊流しには行けませんでした。さだまさしのお父さんの船が出るって聞いてたから行きたかったんですけどねぇ私も人が多いと分かっていながら、やはりいつも思案橋~中央橋~大波止コースですwってゴメンナサイ、今更ながら言っちゃうと実は私も長崎出身なのです。(気付いてたかな?)今まで言わなくてゴメンなさいねつい言うタイミング逃しちゃってwこれからもヨウスケさんの長崎近況、楽しみにしてますよ^^

  3. さえちゃさん>確かにね、御霊を送る行事、といえば静かなものと思っちゃいますよね(笑でも花火と爆竹がなかったらかなり静かーな行事だとは思います(笑

  4. ponichiさん>えっ、ponichiさん長崎出身だったですか?まったく気づきませんでした(笑いやいやー別に黙ってたからってあやまらなくてもいいんじゃないでしょうか。実は自分は幼少期から10数年は福岡に住んでましたけど(笑長崎生まれには違いないんですけどね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中