弓張岳砲台跡(1[軍港防備の防空砲台]

佐世保が続いてますが、今回の写真は昨年10月頃のものになります。
ちょっと過去の写真が全然公開出来てなくて、ここらで少しづつ出していかないとね。

夏の探索って何が嫌って、くもの巣が嫌です。
蜘蛛そのものよりも蜘蛛の巣が嫌です。だってベタベタくっつくんだもん。
蜘蛛とちょうちょは、佐世保市にある弓張岳で撮りました。

そういえばいつの間にか、廃墟の弓張病院が解体されてましたね。

それはさておき今回は、太平洋戦争直前に造られた砲台、「弓張岳防空砲台」です。
明治時代の堡塁砲台をいくつか紹介してきましたが、
ここはいわゆる佐世保要塞とは異なる砲台跡になります。

マップのマークの位置が砲台跡。
公園として整備されていますが、円形の物体が3つあるのがわかりますでしょうか。

野外ステージに整備されている砲座と、当時の外観そのままに保存されている砲座が2つ。
野外ステージに整備されたのは昭和40年代とのことです。
付近には指揮所や兵舎、発電所、そして弾薬庫も数棟あったようです。

もしかしたら発電所ではないかと思われる煉瓦の建物を林の中で発見しました。
次回はその建物に密着していきます。

広告

弓張岳砲台跡(1[軍港防備の防空砲台]」への6件のフィードバック

  1. yosiさん>ココは昭和の時代からきちんと整備されていて、保存状態はとてもいいですね。明治の煉瓦遺構と違いコンクリートですからなおさらだと思います。

  2. Averyさん>町から歩いていくには結構ありますけど、歩いていけなくはないと思いますね。でもキツイですよ。。。山頂まで歩くとなると。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中