弓張岳砲台跡(2[林の中の煉瓦遺構]

弓張岳防空砲台から東側の斜面を下ると林の中へと入っていきます。
するとそこには謎の煉瓦遺構が残存していました。

WEBでの情報によると、そこには位置的に複数の弾薬庫と発電施設があったようですが、
付近にはその朽ちた煉瓦の建物が一棟のみありました。

林の中の草木に身を隠すように立つ煉瓦の建物。
屋根は無く、入り口以外は窓がひとつもありません。

建物の入り口側の壁は随分と低いなと感じます。
入り口も若干頭を低くして入らなければならない高さです。

これが発電施設、もしくは弾薬庫かとおもわれますが、
まったく資料がないのでわかりませんね。

建物の妻側の壁の頭頂部は、最初見たときは欠けているのかと思いましたが、
近づいてみると意図的にそのような形に造られたというのがわかります。
なぜこのような形状にしたのか?まぁぜんっぜんわかりませんけど(笑

あっ、そうそう、建物が低く感じたのは、入り口側が若干地中に埋まっているからみたいです(笑

というところで弓張岳砲台跡篇は終了です。
最近、戦跡と炭鉱関連ばかり紹介してる風ですが、今しばらくそんな感じですね~

次回も佐世保の戦跡の予定です。

広告

弓張岳砲台跡(2[林の中の煉瓦遺構]」への2件のフィードバック

  1. I like the first pictures, I appreciate the simple nature with the contrast and the light, I'm a fan! The other photos are very beautiful too, i like the texture and précision of the wall…Bye !!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中