日見隧道 [旧日見トンネル] 1926年竣工

1924年(大正13年)開削、1926年(大正15年)完成のトンネル。
延長640㍍、幅7.2㍍は現在では普通にあるトンネルの大きさですが、
当時は日本最大のトンネルだったそう。
大正期の様式として特徴的なこのトンネルは平成13年に国の有形文化財に登録されています。

現在は新日見トンネルの開通により、車の通行は極端に少ないですが、
それまでは網場、矢上方面へ通ずるトンネルとして活躍し、
渋滞も半端なかったことを覚えています。

更に旧日見トンネルの上を通る道路、マップで表示しているヘアピンカーブの多い道路は
本河内-芒塚間を結ぶ「日見新道」、通称「日見の七曲り」は日本最初の有料道路であり、
この日見新道(明治15年開通)の建設費用を返すために徴収していました。

車で行けなくはない道路ですが、道幅が狭い上に幾重にも続くヘアピンカーブは、
普通乗用車では一度では切り返せない難所となっております。

当時日本最大のトンネル、日本初の有料道路と、初物が多い長崎市本河内付近です。
本河内高部水源地の本河内高部ダムは日本初のダム式上水道施設でもあります。

というわけで、長崎市の交通の変遷が覗えるエントリーで本日はまとめてみました。

広告

日見隧道 [旧日見トンネル] 1926年竣工」への2件のフィードバック

  1. I like the first picture! I do not know why but she speaks, the vegetation, concrete is the hole in the tunnel, the whole is very good! … And the quality is still there!bye !!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中