長崎市内探訪(3 [旧長崎街道]

より大きな地図で 中川八幡神社 を表示

最近よく地元を歩きます。
ま、歩きたくて歩いてるわけでもないわけですが。。

日見トンネルを紹介ついでに本河内よりももっと下の街の方、蛍茶屋付近の写真。
旧長崎街道は日見峠を抜ける日見トンネルの上を通っており、
日本初の有料道路であるというのは昨日の記事で言ったとおりです。

中川八幡神社の鳥居を旧長崎街道から。
新長崎街道側から一の鳥居、二の鳥居と続き、旧長崎街道を挟んで三の鳥居へと続きます。
用事の途中だったので、本堂までは行きませんでした(笑

中川八幡神社はそもそも風頭山の麓に八幡大神として建てられ、
1789年にこちらへ移転したらしいです。
鳥居は大正、昭和期に建てられているようですが。

旧長崎街道から蛍茶屋方面を望む。周囲は住宅が密集しています。
この道路は先の方に行くに従い道幅が狭くなっていますが、車は行き止まりまで行けますね。

さらに石畳の「トロトロ坂」を下っていくと小さなお堂が見えます。
これは「中川地蔵堂」。

「長崎四国第七十七番霊場」とも書かれてあります。

確かここ、鳴滝付近には防空壕か何かの遺構があるという情報を身内に聞きましたが、
この時は発見できませんでしたので、またそのうちこの付近を歩く機会があれば探してみようかと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中