三井三池炭鉱-三川坑(4 [人車と炭車]

三川坑の繰り込み場横のトロッコレール。
夏なので雑草に覆われてしまっていますが、斜坑手前で線は途切れています。
第二斜坑は坑口が閉塞されていますので、その際撤去されてしまったのでしょうね。

置き去られている炭車。

坑内へ坑夫を運ぶ人車です。
レール上にはなく、レールに平行して置かれていました。
生い茂る草木を掻き分けて、希望の光へと走り出さんとするようにも見えなくもないかも(笑

たくさんの関連施設の撤去、坑口閉塞、
その中にあってこれら現存する三川坑の遺物は、きっと保存するためにとってあるんだ、
と自分は思っています。
そうでなければわざわざ第二斜坑口を避けてバイパスを造る意味がないでしょう。
解体するなら坑口を閉じるときに全て撤去してもよかったわけだし。
三池炭坑の歴史を語る中で残していかなければならない重要な遺構ではないでしょうか。

しかしながら繰り込み場は木造で相当痛んでいますから、早急な対応が必要ですね。
次回は繰り込み場の現状を。

広告

三井三池炭鉱-三川坑(4 [人車と炭車]」への2件のフィードバック

  1. うわ・・・見事に緑に覆われてますねこれはかなり探索困難だったんじゃないです?でもこれはこれでいいですね!季節によって全然雰囲気変わるなぁ・・・

  2. ponichiさん>かなり草は深いですね。でもまあ範囲が狭いんでそれほど苦労はしなかったです。崎戸二坑よりは全然ましでしたよ(笑冬はまた寂しげな感じになるんでしょうね。それも撮りたい気がします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中