多久:三菱古賀山炭鉱(2 [線路沿いの巨大ホッパーとその周辺]

古賀山炭鉱のもう一つの遺構、巨大ホッパーへやってきました。
ここは某社の敷地内にあり、これを見るにはこの場所しかありません。

しかしこれだけじゃつまらない。。

国土情報の古い上空写真を見ると線路脇のホッパー以外にもシックナーや何やらあるようです。
じゃあ、そこに行ってみましょう。

ホッパーのあるほうとは反対の道路から、ボタ山のふもと付近へアプローチ。
藪の中へと進入していきますが、今年は蜘蛛の巣が半端なく多いんですよね。。
台風の少ない年は蜘蛛の巣が多いらしいって、誰かから聞きました(笑

ま、そんな感じで蜘蛛の巣を巻き取りながら進んでいきますと、トンネルがありました。

これは・・一応閉塞されてますが坑道?なのかな。。
さっぱりわかりませんけど。

さらに上のほうへと苦労して登っていくと、

竪穴がありました。

まわりはこのようにコンクリートで固めてあり、四隅には櫓の支柱でもあったかのような跡。
まさかこれは縦坑?これも確証がないのでなんとも言えません。

竪穴は数メートルしたで埋まっています。なんだろう、これ。
国土情報の写真を見ると、シックナーの左横に穴が開いてるのが見えます。
それがこの竪穴。
ということで、シックナーのすぐ横までやってきましたが、続きは次回です。

広告

多久:三菱古賀山炭鉱(2 [線路沿いの巨大ホッパーとその周辺]」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中