多久:三菱古賀山炭鉱(7 [森から脱出] SERIES END

やっと青空の下に戻ってきた、という感じ。
出た先はあの線路沿いにある巨大ホッパーだった。

森の中を歩き回り、汗だくのヘトヘト、しかし目の前にあるホッパーにカメラを構えられずにおれません。

以上で古賀山炭鉱篇は終了となります。

余談ですが、この日は身内が意識不明となった日。
その一報を僕は帰りの高速道路で聞き、そのまま病院へ直行しました。

そして意識が戻らないまま、先日、10月5日に還らぬ人となりました。
詳細は伏せますが、何故?という気持ちしかありません。
最期の言葉も無く逝ってしまった今、その時どんな気持ちだったか知る術もありません。

今はもう、ただ安らかに眠って欲しいと願うばかりです。

故人は僕のこういった活動の理解者であり、応援してくれた人でもありますので、
ブログは休止せず、なるべく途切れることなく続けることにします。

広告

4件のコメント 追加

  1. Admired !Have a good Friday.Wong

  2. YOSUKE より:

    Wong>Thank you very much;))

  3. ponichi より:

    そう言う事がありましたか・・・。大変でしたね。私も先日、身内ではないもののよくしてもらっていた方が亡くなってここ暫くなかった「死」というものに直面していましたきっとYOSUKEさんの活躍をこれからも見守ってくれていると思いますよ

  4. YOSUKE より:

    ponichiさん>最近よく周りで人が亡くなってましたけど、まさかそんなわけがないと思う人が亡くなったんで、ちょっと落胆してました。今は安らかに眠って欲しいと願ってます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中