神ノ島:四郎ヶ島台場跡(4 [林へ続く道]

台場を目指し、一路林の中へと進みます。
するとこのように簡単なプレートで順路が示されていました。

順路といっても特に整備されているわけでもなく、見学というよりは探検ですね。

島全体にこのような石積みの遺構がしっかりと残っています。
ここまで立派な江戸末期の遺構であるにもかかわらず、今だ国指定史跡ではないという。
地元の土地の持ち主がはっきりと判明しないなどの理由だそうですが、
一刻も早く国指定史跡、及び重要文化財に指定し、
補修工事などした方がいいんではないでしょうかね?いくらなんでも荒れすぎですよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中