北松浦郡:深江炭鉱[旧炭鉱関連施設?]

残っているかもしれない炭坑跡を求めて、北松浦郡は鹿町町へとやってきました。
鹿町町深江免にはかつて炭鉱があったと思われ、鉱業所があったと思われる住所を地図で開くと、
国土情報上空写真にはボタ山らしきものとその付近に炭住らしき建物も写っていました。
googleマップやyahoo!マップではなんとなく確認できるくらいに写っていますが、
炭住は今だ現役の住宅として住民が住んでいるようです。
さっそくそこへ足を運んでみましたところ、用途もわからない煉瓦構造物があります。
見えていませんが、写真右側がその炭鉱住宅と思われる建物の並んでいるところ。

それよりも何よりも目を引いたのはこの建物。
見た目も造りもいかにも古い建物です。赤い半切妻屋根とアーチ型の窓がとても特徴的。

昭和49年度国土情報の上空写真にもこの建物は写っています。
いったいなんなんでしょう?この付近に炭鉱があったとすると、
元は炭鉱事務所だった可能性もあると思いますが、深江炭鉱については、
開坑も閉山時期もわかりませんし、他に写真公開しているサイトがないためわかりません。

ところでこの建物は廃墟ではなく現役です。
おそらく元炭鉱事務所の建物を転用して使用しているものと思われます、と勝手に言い切る(笑

表にまわってみました。
入り口には木製看板が2枚掲げられていて、1枚は「大日本帝国・・・・・」
もう1枚は「○○教水軍・・・・・」と書かれていました。
なんだかよくわかりません!
自分が思ってたような炭鉱関連のものとは全く関係ないのかもしれませんわかりません!

ただ、この付近に炭鉱があったことは間違いない事実です。

広告

北松浦郡:深江炭鉱[旧炭鉱関連施設?]」への2件のフィードバック

  1. 福岡の志免炭坑もその昔は海軍炭坑だったらしいので、軍の支配下だったとは考えられないでしょうか。(無理かな。)資料がないのは軍の機密だったりして。

  2. yosiさん>そうなんですかねー全く情報も何もないんでさっぱりわからないんですよ。。でもありえなくはないかもですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中