伊万里市:大日立川炭鉱(1 [炭鉱跡記念碑]

炭鉱名はほとんどの場合土地の名前に由来しています。
伊万里市では川南造船所のすぐ隣にある、向山炭鉱が有名どころですが、
伊万里の山手側にもかつて炭鉱がありました。

伊万里市大川町立川。
その集落の一角に、綺麗な炭鉱跡の碑が建てられています。

より大きな地図で 立川炭鉱跡の碑 を表示

場所は地図のとおりです。

立川炭鉱は昭和11年から大日鉱業により操業、閉山は昭和45年。
昭和17年には大規模な爆発事故が発生し、死者は45名だったとのことです。

立川炭鉱跡の碑は昭和62年にこの地に建立されているようです。
それにしても随分綺麗ですね。

碑の足元には大まかな炭鉱跡の略図があります。
これは探索にいい手がかりになりますね。

今回は本坑口と書かれたあたりの探索をしてみることにしました。

炭鉱碑あたりから山の方角を見てみますと、いかにもボタ山じゃないかと思われる部分が見えます。
ということで大体の目星がついたところで現地へ行ってみよう。
そこには探すまもなく何かの建物が見えていました。

煤けた色のコンクリート建造物。
周囲は雑草が生い茂っているものの、近づくのは容易でした。

これは一体なんの用途で使用されていた建物なんでしょう?
ここは略図で本坑と示されていた付近。
抗口はこの辺にあるんでしょうか?
付近には抗口らしきものは発見できませんでした。

とりあえず中に入ってみることに。
そこには、この建物のみならず、草に隠れた別の遺構が存在していました。

続く。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中