長崎市:旧浪の平小学校 [1878年-2007年]

長崎市の洋館群が残る南山手町にある旧浪の平小学校。
その校舎が現在解体中であります。

浪の平小学校は1878年に創立され、2007年には少子化により大浦小学校に統廃合されました。
129年という歴史と伝統の小学校校舎がこの度突然の校舎解体。

写真は約1年前に南山手を散歩したときに撮ったもの。
現在、解体作業中であるため、この渡り廊下のしたは通行止めになっており、
渡り廊下には防音シートが被されていました。

校舎もほとんどの窓が取り外され、解体は着々と進んでいる模様です。
長い歴史のある校舎、何か地域に密着した利用方法はなかったんでしょうか?
南山手の景観の一部として根付いていた浪の平小学校校舎も、なくなってしまいます。
跡地がどうなっていくのか知りませんが、たくさんの卒業生の思い出が詰まった校舎、
いとも簡単に解体してしまうのはどうなんでしょうかね?

そんなことに市の予算つぎ込まんと、旧英国領事館とかをさっさと整備したらどうなんだ、
と思っちゃったりしちゃいますけどね。

広告

長崎市:旧浪の平小学校 [1878年-2007年]」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中