[九州外廃景] 岡山県:湯原温泉ロープウェイ [山頂駅篇 / #2]

湯原温泉ロープウェイ、山頂駅内部へ歩を進めましょう。
こちらも屋根は無くなって、山麓駅よりも荒れているようですね。

正面に見えるのが売店と券売所でしょうか。

券売所は窓ガラスもなく、残留物もありませんね。
何故かレジスターが通路にありますけど。

売店周辺は容赦なく植物が侵食してきてます。
建物は鉄筋コンクリートなので、崩壊はしていません。

通路を進むと乗降口になります。

ポツンと置かれたレジスターに接近。

これはまたなんでココにあるんでしょう?
誰かもって帰ろうとでもしたのかな:))

ボタンが丸いのが年代を感じさせますね。

山頂駅周辺は駅舎以外に特に何かのレジャー施設の跡があるわけでもなく、
荒涼とした土地が広がるばかりでした。

続く。

広告

[九州外廃景] 岡山県:湯原温泉ロープウェイ [山頂駅篇 / #2]」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中