福岡県:麻生山田炭鉱(3 [丘上のホッパー付近探索#2]

上のホッパーへのアプローチはこの時は結構大変だったように記憶しています。
今はそう感じないかもしれませんけどね(笑

ホッパーの足元まで来ました。結構高いです。

足場のように組まれた木製の物体の用途は?やっぱり足場かな。
脚が長く、高い場所にあるのであそこに登るのは無理ですね。

反対側へ来ると木々に隠れて全体を捉えるのは無理ですね。

麻生山田炭鉱は1948年開坑、1967年には閉山という炭鉱でした。
わずか19年という短い期間でしたが、その跡はずいぶんと長い期間残されています。
さる情報によるとここはもう解体されたとか?はっきりとわかりませんけどね。

探索はさらに点在している別の遺構へと続きます。

広告

2件のコメント 追加

  1. タケ より:

    私は途中であきらめましたが、上のホッパーに入ることができたのですね。再挑戦しようかな。

  2. yosuke より:

    タケさん>結構段差が高かったように記憶していますけど、冬なら比較的楽に入って行けるかと思いますよ:-)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中