福岡県:麻生山田炭鉱(4 [グラウンド横のホッパー]

先日のエントリーで紹介した遺構のある丘の横の道路を上がっていきますと、
「麻生久山球場」という小規模なグラウンドがあるんですが、
その脇にはホッパーが取り壊されることなく残っていました。

グラウンドとして整地される時に取り壊さなかったということは、
貴重な遺構として残しておくつもりだったのでしょうかね?

ホッパー下部排出口が見えます。

そこから頭を突っ込んで見上げてみました。

森の中には何かの橋脚のようなコンクリートの物体。
これはホッパーへ続いていますので、コンベアの脚でしょうか。

木を登ってホッパーの2階部分へやってきました。
なんていうか、すぐ高いとこへ登りたくなるんですよね。
なんでかわかりませんけど。アホだからですかね(笑

中は苔と植物が生えていました。

というわけで、先日からのと併せ、大きな遺構はこれぐらいですが、
ボタ山の方ではちょっと珍しい光景を見ることができましたので、
次回はボタ山へと行ってみます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中