福岡県:麻生山田炭鉱(5 [ボタ山] SERIES END

遠景から見た茶色のボタ山のてっ辺にやってきました。
綺麗に平らに整地されたボタの上は草原になっています。
かなり広かった印象ありますが、その草原を、面白い現象が起きている場所探し。

しかしそれは労せずしてすぐにわかりました。
それは匂い。どこかで嗅いだことのある匂い、随分昔に嗅いだような・・

その匂いのするほうへ草原を歩いていきますと、それはだんだん強くなっていきます。
そして生えてる草がだんだん少なくなっていきました。

そしてほとんど草が生えていない場所まで来ると、あったあった、不思議現象。
なんとボタの山肌から煙が出ている。

以前から複数サイトで見ていたので知ってはいましたが、
まさか本当にずっとボタが燃え続けているなんてね!
強い匂いはボタ山が燃える匂いだったのでした。

いくら屑炭とはいえ、石炭は石炭、火を着ければ燃えるのですね。
しかしずっとくすぶり続けてるってのはなぜ?
天候だって雨も降るし雪も降るでしょう?それでも消えないのはなぜ?

きっと表面ではなく、そうとう深いところが燃えているんでしょうね。
この一帯はところどころ地面が焦げていて、ずっとその匂いが漂っていました。
この辺だけ草が少ないのもこれのせいなんでしょうね?

昨年春に行った場所ですが、今もまだ燃え続けているんでしょうか?

おまけ。球場の脇に林の中に続く石段を発見。
なんかあるんだろうとせっかくなんでそちらへ行ってみました。

程なくして廃材の転がる何かの跡。

そしてこんなよくわからない建造物を見つけました。
これは一体何?場所的に山田炭鉱の関連施設だとは思いますけどね。

以上、山田炭鉱篇、終了です。

広告

4件のコメント 追加

  1. SKIZO より:

    I enjoyed yourwork very much

  2. YOSUKE より:

    SKIZO>Thank you very much:-)I am Happy!!

  3. Y. Ikeda より:

    凄い場所があるんですねっ。いつもYOSUKEさんのエントリーには知らない事が一杯あって勉強になります。ふと思いついたのですが、この熱を利用して焼き芋なんかすると面白そうですね。といっても無事近づければの話ですねど(自分が焼き芋になってしまいますね):)非常に興味深い場所です。

  4. YOSUKE より:

    Y.Ikedaさん>これ、何年も燃えっぱなしみたいです。焼き芋はできるかと思いますが、かなり重油くさい芋になりそうですよ:)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中