佐世保要塞:面高堡塁跡(1 [8箇所中7箇所目の要塞]

明治期から昭和期までに造られた佐世保鎮守府の要塞跡は全部で8箇所で、
江ノ島砲台以外は全て明治に造られています。
そしてようやく明治期の堡塁跡7箇所目を発見しました。

この佐世保要塞のシリーズはこのブログを立ち上げた時から続いています。
これのせいで随分山の中を歩き回りましたよ。
しかしようやく本土にある要塞跡を全て回ったことになりますね。

面高堡塁は高後崎砲台と共に1897年に着工されていますが、
完成までに3年を費やしています。
よほど大きな要塞であったということなんでしょうかね。

その面高堡塁跡は綿密な調査の結果、あの山の頂上付近にあると推測できました。
さっそく行ってみよう。

その前に・・佐世保要塞の今までの探索をまとめてみました。
興味あるかたはリンクから飛んでください。

  1. 高後崎砲台
  2. 丸出山堡塁
  3. 小首堡塁
  4. 牽牛崎堡塁
  5. 石原岳堡塁
  6. 前岳堡塁

まず海の近くで見つけたのは小さなレンガの小屋らしき建造物。
堡塁砲台からは随分離れているので、監視小屋かなんかでしょう。

そして茂みの中、道無き道を進んでいきますと、

うーん、これはフェアレディZだね。

タイヤありません。そしてどこかの堡塁でも見たように、蔦に覆われています。見事だ。

このレンガの物体は恐らく堡塁への入り口の門柱でしょう。
小首堡塁や高後崎砲台にも門柱が残っていましたからね。

さて、肝心の堡塁砲台は・・次回に続きます(笑

広告

佐世保要塞:面高堡塁跡(1 [8箇所中7箇所目の要塞]」への4件のフィードバック

  1. 今の道無き道に昔のZがあるって事は、放棄された時はそこまでは車で通れたのでしょうかねぇ…。何だかカムフラージュした平べったいポンコツ戦車みたいで、カッコいいです。

  2. Y.Ikedaさん>実はとある現役の施設がすぐ近くにあり、道路から近いので、昔は車で上がって来れたんでしょう。しかしカムフラージュにも程がありますね。いくら戦争遺跡でしょうけど(笑

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中