小佐々町:麻生岳下炭鉱 [その他の遺構]

小佐々町で発見した、岳下炭鉱へ再訪です。
訪問は昨年暮れになります。

再訪の理由は、昨年9月にはこのような感じで全く足を踏み入れることが困難だったエリアの探索。
さすがにこんなに自分より背の高い雑草があったんでは入る気になりませんからね。

以前からマップ上では見えていたこの物体が何なのか、それを確かめたくて行ってみました。
ちなみに左に見える細い道を下っていくと、ホッパーがあります。

すっかり見通しのよくなったこの付近。
何かのコンクリート建造物が残っていました。
ただ草が枯れて歩きやすくなっただけではなく、草刈がされているようです。
しかし、何かの建造物には蔦状の植物が覆いかぶさり、何がなんだかわかりません。

こっちから見ても何がなんだかわかりません。
仕方ないので中に入ってみよう。

ま、入ったからといってこれが何かわかるわけでもなくですね。。
とにかく予想通り炭鉱遺構は残っていたとわかっただけでもいいかな、と。

そのちょっと先にもまたコンクリートの槽のような物体がありました。

上部から覗いてみます。

なかなか全体を見極めることができませんが、中には水が溜まっています。

槽の壁面には、バルブがついています。
これ回すと、中に溜まっている水がドバーッと出てきそうです。
ところでこれらの遺構は一体なんなんでしょう?詳細は不明なままですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中