佐世保市:岡本貯水池 #1 [旧海軍用の水道施設]

明治22年に旧海軍鎮守府が開庁されるとともに、佐世保は水道施設が急激に発展しました。
岡本貯水池はもともと農業用のため池でしたが、水不足解消のため軍が整備して、
明治33年に完成し、これが佐世保で最初のダムとなりました。

岡本貯水池は、第一と第二からなっています。
入り口から入るとすぐに見える円形のため池、これは第二貯水池になります。

岡本貯水池から旧海軍鎮守府に近い矢岳浄水場へ送水する際、
高低差による水圧によって水道管が破裂しないように、貯水池と浄水場の間に「減圧井」を建設、
岡本貯水池も減圧井も現役の施設として稼動中となっています。
旧海軍が整備した水道施設は佐世保市各所に点在しておりますので、
ものすごくヒマがあったら見学してこようかな、と思いますね。

佐世保の水道の歴史はさておき、僕が写真の被写体として捉えたい物体はもう少し先にありました。
ちなみにこの廃墟化したトイレではありませんよ。一応撮っておいたけど(笑

次回に続く。

広告

佐世保市:岡本貯水池 #1 [旧海軍用の水道施設]」への6件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中