Deserted village "SABUKAWA" #1 [宮崎県:廃集落"寒川"]

宮崎県の深い山間部に、かつて人々の生活がありました。
2007年にこの集落を題材にした映画、「寒川」が製作されています。
1989年(平成元年)、寒川集落は最後まで残っていた住民が去り、廃村となりました。
僕はこのドキュメンタリー映画を観ていませんが、日本中にある限界集落の現状のひとつとして、
この集落をこの目で見たく、宮崎を訪れました。

深く美しい渓谷が印象的な宮崎県。
ほとんど、というか全くと言っていいほど家は無く、本当にこんなところに集落がある?
そんな風に思いながら渓谷沿いの狭い道をひたすら走っていきます。

ようやくひとつの古びた看板を見つけました。
この分かれ道をさらに進むと寒川集落のようです。

その先の分岐には木製手作りの「寒川へようこそ」の案内が。
いよいよ迫ってきた集落へ、さらに狭い道を登っていきます。

家を出たのは前日の夜だったので、この付近に来たのは午前7時頃です。
思っていたよりも狭い道でしたが、最近も車が通っているような跡が確認できます。
しかし細かい落石がところどころであるようで、あまり安全な道とは言えません。

なかなか集落は見えてきません。
この付近はガードレールすらなく、道幅もギリギリ。滑落したら大変なことになりますね。

通るものの安全を見守っているようです。
湯呑みがきちんと並べられてあるところを見ると、やはり定期的に誰かが来ているんでしょうか。

次回へ続く。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中