Deserted village "SABUKAWA" #10 [寒川小中学校 #2]

今日、4月6日は全国的に始業式というところが多いのではないでしょうか。

しかし震災にあった区域では学校自体が被災していて、始業式や入学式もままならない、というところも多いのでしょうね。
そういったことを思うと心が痛みます。

寒川小中学校でもかつては卒業式、始業式、入学式がとりおこなわれていたことでしょう。
今は校舎だけが残されていますが、木造の校舎からはここにしかない温かみを感じます。

1978年閉校から33年が経過しています。
廃村になったのは1989年、それ以降は人の目につかずひっそりと佇んでいた校舎。
外観は木々に囲まれた立地にしては、意外なほどしっかりしているように見えます。

しかし大きく損壊している箇所もあり、やはり月日の流れというのは酷なものです。
放棄され、朽ちていく。これが限界集落の現実です。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中