Deserted village "SABUKAWA" #11 [寒川小中学校 #3]

始業、終業を告げるベルは錆色に染まり、もう鳴ることもない。

一歩校舎に入ると、くすんだ壁、老朽化で割れやすくなった床。
そして暗い廊下に浮かび上がる、壁一面にチョークで書かれた言葉。
僕らのような、この土地に縁のない者が書いたものではなく、それは卒業生達のメッセージ。

広告

Deserted village "SABUKAWA" #11 [寒川小中学校 #3]」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中