福岡県:大渕発電所跡

先日、天気はよくありませんでしたが天気予報の「晴れ」を信じて熊本大分方面へ行ってきまして、
やっぱり天気はよくなかったよ、ということになってしまったんですけど、なかなか実のあるドライブにはなりました。

そんな先日の写真から、たまたま通りがかりに見つけた建物。

夜中に出発して高速は通らず、国道や県道をもそもそと走ってくると、朝5時にはだいぶ明るくなってきます。
そして福岡は黒木町付近を通る頃には6時前くらいだったでしょうか、それは突然目に飛び込んできました。
見るからに古い発電所か変電所の類としか思えないコンクリート造の背の高い建物です。
雨に濡れたコンクリートは廃れた雰囲気をさらに強調しています。
写真左側の小高くなってる場所に、石碑のようなものが見えており、「大」という字が確認できますね。

では近くに寄ってみましょう。続きからどうぞ。

何か倉庫のような感じで二次利用されているようで、扉には錠がかかっています。
付近には川が流れており、民家は少なめ、早朝6時ということで人もまったく見かけません。

とりあえず石碑を見にきました。「大渕発電所跡」と書かれています。

屋根が破損しているのか、ブルーシートで覆われています。

裏手には丸い二つの穴が開いた台座のようなものが残っています。
これは送水管の台座であると思われ、この発電所は水力発電所だったようです。

それにしてもこういう古い発電所の姿はかっちょいい。

通りがかりで偶然こういうものを見つけると、とても得した気分になります(笑
だから田舎の国道県道を走るのは楽しいんですよね。高速走ってたら見つけれませんから。

帰ってから「大渕発電所跡」を検索してみたら、一件だけヒットしました。
時々閲覧させていただいてる、「九州ヘリテージ」さんです。さすがに訪問済みでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中