熊本県:アジアパーク探訪*2 [世界遺産見学:ネパール#1]

水路を進んでいくと見えてくる寺院のような建物群はどうやらネパールの世界遺産が展示されているエリアのようです。
一個づつ紹介していきましょう。

17世紀頃に建てられたと言われるクリシュナ寺院には、ヒンドゥー教のヴィシュヌ神の化身、
クリシュナが祀られているということらしいですが、詳しいことは知りません。

クリシュナ寺院がどうとかよりもびっくりするのはそのリアルすぎる縮小模型の造形ですよね。

ものすごく細かく、像や寺院の彫刻にいたるまで精巧に再現されています。
そのリアルさは本物の寺院の写真と見比べてみればわかります。

寺院の上に誰か寝転がっていますね。

本物ではこんな角度から見られることはないんじゃないでしょうか。

内部構造もご覧の通り。特撮モノの映画のセットとして使えそうであります。
建物名を調べるにあたり、かなり多くの世界遺産を検索し、いろいろ勉強になりましたよ。

さらにネパール篇、続く。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中