宮崎県:三菱金属工業槇峰鉱山跡*1

かつてこの地には300年の歴史があるという九州一の銅山が存在していました。
三菱金属工業、槇峰鉱山は昭和40年ごろの閉山と聞いていますが、詳しくは調べておりません。

この場所では廃墟を探索するというよりも、付近の渓谷や風景を楽しんできました。
というのも、偶然話しかけられた付近の方に、「鉱山の廃墟はほとんど解体されて見どころないよ」
と言われたからですが、僕がカメラ持ってるだけで廃墟撮りに来たと思われたんでしょうか。
そのつもりではありましたけど(笑

「ちょっと前まではいろいろ鉱山跡の廃墟があったんだけどねえ…」とおじさんちょっと寂しそうでした。
でも、槇峰の緑あふれる風景もとても素晴らしいと思いますよ。
写っている廃墟は鉱山時代の売店跡らしいです。ほんとうに廃墟らしい廃墟はほとんどありません。

この後、少しだけ鉱山の痕跡を辿っていきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中