熊本県:遥かなる緑と雄大なカルデラ火山 [阿蘇中岳]

珍しく風景写真など掲載してみました(笑 熊本県は好きでよく通っています。
特に阿蘇山の付近は、世界有数のカルデラで形成された山々でその眺めは最高なんですね。
ただ、阿蘇山頂に行くのは人生で4回目ぐらいでしょうか。前回行った時は途中のロープウェイ駅まででしたから、
山頂へ行くのはおよそ20年ぶりくらいだと思います。
僕も廃墟ばかり撮ってるわけではありません。ただ、その多くが廃墟のついでというだけです(笑

阿蘇中岳は、活火山である阿蘇山の火口を見下ろせる観光スポットとして有名です。
火口へのアプローチは約1キロほど下から、阿蘇山ロープウェイで来ることができますが、
車でも火口まで来ることができます。
ちなみにこちらは火口西側になり、火口東側の「仙酔峡ロープウェイ」は運休中。
火口から発生するガスの影響でロープウェイの運行や火口へのアプローチは制限されることもあります。
火口東駅はずっと運休しており、駅舎は今や廃墟の様相らしく、自分的にはそっちの風景のほうがツボですが、
とりあえず今回はこちら側で(笑

中岳火口を見下ろします。写真からは伝わりにくいでしょうが、火口から立ち昇るガスは、
活火山ならではの強力なパワーを感じました。

火口周辺にはこのようにシェルターが点在しています。
噴火が起こった場合、ここに逃げ込むってことでしょうが、これで強い噴火、噴石を防げるかどうかは謎ですね。
でも、噴火がいきなりドーンなんてことになる前に、なんらかの前触れがあるでしょうから、
その時は火口付近の立ち入りが制限されるとは思います。

ということで阿蘇山とその付近の風景を堪能しましたが、
最初に言ったように、多くの場合、風景を楽しむのは廃墟のついでであります。
このエントリーが廃墟へのプロローグであることは言うまでもありませんね(笑

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中