AIR SHOOTER [ホテルM・W*4]

Entrance
エントランス

階段から戻って入り口付近です。
正面に待合室があります。部屋が満室であった場合、空室が出るまで待つようです。
今は廃れてしまったこの空間も、常に満室だった頃があったんでしょうか。

入り口にある照明は、開きっぱなしになっているドアからの風で揺れ、
ガラスの葉がぶつかり合ってなんともいえない涼やかな音を奏でていました。
このホテルの照明器具は何気に凝っています。これも経営者のこだわりでしょうか。

管理室

営業中にはスタッフしか入ることができない管理室です。

受付の小窓があります。
最近のラブホテルなんかは、ほとんどの場合小窓から部屋の鍵を渡すということはなくなってると思いますが、
昭和のラブホテルはほとんどこういう感じでお客さんに鍵を渡していたんでしょう。
通常、支払いに於いてもこの小さな窓からしていたのでしょうが、
ここはエアシューターが設置されていました。

エア・シューター

これは便利な代物です。
ふと思いましたが、これって途中で引っかかったりすることはないんでしょうかね?

なぜかバッテリー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中