長崎市:風頭→伊良林 [亀山社中への道程]

先日のエントリー、坂本龍馬の像がある風頭公園からの続きです。
ここを出発点にして「亀山社中」まで散歩してきます。
ちなみに風頭公園及び亀山社中付近には駐車できる場所がありませんので要注意です。

せっかくなんでいろんな角度から龍馬さんを撮ってみます。

龍馬の後方にある旗は、「海援隊」の旗ですね。「海援隊」といっても武田鉄矢の、じゃないですよ。

池内蔵太のイラストが描かれた手描きの案内板がある通りです。「亀山社中ば活かす会」とあります。
念のため言いますと、ここでいう「ば」は長崎弁なので、標準語変換で「を」に置き換えて読んでください。
自分たちは普通に地元の言葉で喋りますが、他県から来られた方は長崎弁は何言ってるかわからないと言われます。
沖縄の言葉ほど解読不可能ではない、と自分では思ってるんですけどね。

先ほどの案内板から少し下ると小さな龍馬像とともに「龍馬通り」とあります。
ここからは石畳の階段を下りていきます。下から昇ってくるおばちゃん、炎天下の中きつそうです。
いくら住み慣れた坂の町でも急な階段は堪えますよ。

亀山社中への道標として、各所にいろいろな俳句があります。
階段の途中の街灯に「よか眺め 1日千両 坂の街」とあります。この辺からの眺めは代表的な長崎の風景。
ま、高いとこから望めばどっから見ても長崎の風景ですけど(笑

そこかしこに龍馬を模ったレリーフと俳句が続きます。手作り感がいいですね。

そんなこんなで亀山社中跡に到着です。
さらに通りを歩いていきますと・・

長崎の風景がよく見える一角にでっかいブーツがあります。
これは「龍馬のぶーつ像」。サイズは多分ジャイアント馬場よりおおきいでしょう。
この日は平日でしたが観光客が結構通りを歩いていて、このブーツを履いて記念写真撮ってる方が数人いました。

というわけで、風頭から伊良林への散歩でした。
この後、龍馬たちがよく通っていたと言われる丸山方面へと足を延ばしますが、それはまた後日。

広告

長崎市:風頭→伊良林 [亀山社中への道程]」への2件のフィードバック

  1. yousuke さんのブログで、坂道からの風景を見させてもら度に、長崎に行きたくなります。それでもって、来年GW長崎&佐賀(有田)旅行を計画しています。 亀山社中いい所ですね。 家族皆に元気があれば、おばあちゃんのように おっちら急な細い坂道登って 長靴履いて龍馬さんのように腕組んで市内を眺めてみたいです。(笑) できれば、ドンドン坂もプール坂も制覇したいなぁ。 可愛い標識もあるようなので、その気になれば迷うことはなさそうですね。 体力に自信がないので何とも言えないのですが・・・ふっ

    1. 来年長崎佐賀に来られるんですか?亀山社中は是非上から下っていくルートをお勧めです。
      車ではどうせ行けないので、上から竜馬像、亀山社中へと行って、そのまま下に下りていくほうが楽ですね。
      ドンドン坂、プール坂は東山手の洋館群のついでに見学するといいかもしれません。
      いずれも長い坂になっていますので、体力は必須ですね(笑

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中