宮崎県:尾股廃集落*2 [ガス炊飯器]

尾股集落の長屋、開きっぱなしになっている住宅のひとつに入ってみます。

そこにはいつでも夕食の支度ができるように、なべがコンロの上に載ったままでした。
よこにある炊飯器はガス炊飯器のようです。
いつもの生活は長い間時間を止めたまま、二度と戻ることはありません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中