長崎ランタン2013 #2

20130213-080118.jpg
上の写真のどこかにハートの石があります。
ヒマだったら探してみてください。

20130213-080134.jpg
石橋の上にカメラ構えるひといっぱいです。
何を撮ってるかというと、その先にある眼鏡橋でしょう。
眼鏡橋は上半分ですから、水面に映る橋を入れると完全な眼鏡になるというわけですね。
しかし、この人ごみの中で三脚立てる方はすげえと思います。
自分はそんな勇気ありません。

20130213-080151.jpg

なので自分はこっちから。

というわけで、また。

広告

長崎ランタン2013 #2」への2件のフィードバック

  1. ランタンフェスティバルも面白そうですね。見たところ、全く動けない程の人手という訳でもないんでしょうか?
    私は三脚以上に、人と並んで全く同じ方向にカメラ向けてシャッターを切るのが何となく嫌ですねー…

    先日、長崎(佐世保方面ですが)に赴きましたが、ランタンとは期間が折り合わず…いずれ池島炭鉱などと組み合わせて訪れたいところです。その時までピーチ・アビエーションが健全な状態でいればいいのですがw

    1. 初日のランタンは、メイン会場付近はほとんど移動が困難な状況でしたが、
      中島川会場は少しマシな感じでしたよ。
      確かに、人と同じ構図での撮影はちょっと嫌ですね。
      ただ、この構図でどうしても撮りたいと思う場合、
      いたしかたないといった感じでしょうか。
      池島炭鉱は、今、坑内ツアーなんかもありますから、
      普段見れない場所とか見れて楽しいですよ。
      僕も人車に乗って移動しました。
      あれは決して乗り心地いいものではありませんが、
      炭鉱の現役当時を体現する、貴重な経験になりますよね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中