小菅修船場跡。

20140304-111035.jpg

世界遺産登録を目指す、明治日本の産業革命遺産。
全30箇所の遺構のうち8つが長崎からエントリーしています。
その8つのうちのひとつ、小菅修船場跡は、明治元年完成の日本初の西洋式ドック。
外観は何度も何度も見てますが、今回レンガ造りの機械室を初見学してきましたよ。
中にはボイラーと巻き上げ機のでっかい歯車があるのです。
通常は中に入って見ることはできません。ちゃんと許可もらって見学しましたからね。
九州、山口と関連地域、全30個の遺構を産業革命遺産としてひとまとめ。

果たして世界遺産登録なりますかね?

992

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中